防犯カメラのレンズにも使われている新亜光学工業株式会社の製品

業界最高峰?新亜光学工業株式会社の製品を見てみよう

カメラのレンズといえば、大手メーカーよりもこの会社

半導体装置とは何か

半導体装置とは、スマホのバッテリーの中に入っている部品の一つです。
中に内蔵されているため肉眼では見ることは出来ませんが、私はスマホが劣化してきた時に一度見たことがあります。小さい板のようなものが何個か配置されていてとても複雑なものだったことを覚えています。ディスプレイ板が浮いてはがれてくるほど劣化していたので見られましたが、普通に使っていて機種変更を繰り返していればそうそうそこまで劣化するものではありません。中々貴重なものが見られたなと思いましたが、このような複雑怪奇なものを作っている人の頭の中はどのような構造をしているのか興味が出てきました。
難しいことはよくわかりませんが、この半導体は今のスマホやパソコンなどに欠かせない存在であり、これなしには社会の発展はあり得ないと思います。

カメラのレンズ以外にも色々なレンズがある

レンズといえばカメラのレンズをイメージする方が多いと思いますが、顕微鏡や内視鏡にも使われています。
カメラはカメラでも、防犯カメラのレンズにも新亜光学工業株式会社の製品は使われていて、その性能はかなり高く色々な場面で重宝されていることと思います。
防犯カメラといえば、知人が住んでいる団地のゴミ捨て場やエレベーターにも設置されているようですが、画像が分かりづらく素人目には犯人が特定されづらいのにも関わらず、不法投棄のゴミを捨てた人物やエレベーター内の不審者を特定できるくらいには役に立っているものみたいですね。何か特別な見方があるのか、紙に印刷されたものと実際の映像とではかなり違うのか、などと常々不思議に思います。


この記事をシェアする